膠原病に関する基礎知識

  関節炎を中心にした自己免疫疾患(免疫が自分の細胞や組織に反応して攻撃する)で、膠原病の中で最も多い病気です。朝起きて手を握れなかったり、手足の関節が痛くなったりします。進行すると、関節が変形したり、皮下結節・胸膜炎・肺炎・眼病変・末梢神経障害などをきたします。


アレルギーに関する基礎知識

 強いかゆみのある慢性湿疹で、アレルギー反応によって起こる皮膚炎の一つです。多くの場合、アトピー素因を持つ人に生じ、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎を合併しやすい病気です。目のまわりの症状が強い場合には、白内障をきたすこともあり、青年期の白内障の原因となっています。
 住宅の高気密化や高断熱化が進み、室内空気が化学物質などで汚染されることによって、倦怠感、めまい、頭痛、呼吸器疾患、湿疹などが引き起こされます。建材などに含まれるホルムアルデヒドや、シロアリ駆除剤などから発生する揮発性有機化合物、ダニやカビなど、原因は様々です。


 主に花粉によるアレルギー反応で、花粉の飛散時期に起こる季節性のアレルギー性疾患に分類されます。症状は鼻炎を中心に、咽頭部や眼のかゆみ、流涙、頭痛、皮膚炎などの症状を引き起こします。原因の多くは、スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉が原因です。通年性のアレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニ、排気ガスなどが原因になっていることが多く、これらは花粉症憎悪の原因にもなっています。