首と胸部の症状に関する医学知識

図 ■骨:鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨・背骨

■器官:食道・気管・気管支・肺・横隔膜・心臓

■よくある症状
 息切れ・咳・痰・血痰・かっ血・吐血・吐き気・おう吐・飲み込み困難・リンパ腺のはれ・動悸・胸痛

■よくある病気
 消化器の病気・呼吸器の病気・心臓の病気等



 階段や坂道を上ったりすると、すぐに息苦しくなる症状です。息苦しさは、血液中の酸素濃度を反映しています。普通にしていて息切れが生じた場合には、肺や心臓の病気が原因の可能性もあります。
 痰は、気管内の異物を排出する作用を持つ分泌物です。咳は、気管にある異物や痰を排出するためのものです。ひどい咳や痰が出る場合には、肺炎や肺がん、ぜんそくなどの可能性もあります。


 気管から出血した血液が、痰に混じって出るものを、血痰といいます。ほとんど血液の場合には、かっ血といいます。気管の炎症や損傷、肺がんの他に、白血病など血液の病気が原因の可能性もあります。
 吐血は、消化管からの出血のことをいい、同じように口から出る血でも気管から出血する「かっ血」とは区別します。食道・胃・十二指腸からの出血が多く、食道静脈瘤・胃潰瘍・胃がんなどの可能性もあります。


 食べ過ぎや飲み過ぎによる他、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍など胃腸の病気が原因でも起こります。また、吐き気がなくて激しくおう吐する場合には、脳出血や脳腫瘍など脳の病気の可能性もあります。
 食べ物を口からのどへと送り込み、さらには食道・胃へと運ぶことがしにくくなる、またはできなくなる症状です。食道がんなどによる通過障害、脳血管など神経系の病気や知覚障害の可能性もあります。


 リンパ腺がはれる原因として多いのは、ウイルス・細菌・結核などの感染による炎症です。その他には、膠原病などの免疫異常、悪性リンパ腫やがんなどが原因となってはれる可能性もあります。
 脈が乱れ、心臓の鼓動が大きくなって、胸がドキドキする症状で、運動や緊張によって起こります。安静時や軽い運動でも起こる場合には、狭心症や心不全、不整脈などの可能性もあります。


 胸の強烈な痛みは、心筋梗塞や狭心症、大動脈解離や肺炎などが原因の可能性もあります。心筋梗塞が激しい痛みを伴うのは、動脈硬化などで心臓自体への血流が低下し、酸素不足になるためです。