消化器の病気に関する基礎知識

図 ■消化器とは
 消化器とは、食べ物の消化・吸収を行う器官のことで、消化管と肝臓・胆嚢・膵臓に分けられます。消化管は、口から食道・胃・小腸・大腸・肛門へとつながっている管のことで、口から入った食べ物は、食道を通って胃・小腸・大腸で消化・吸収され、消化・吸収されなかったものが便となって肛門から出されます。また、肝臓・胆嚢・膵臓には、消化器の機能を補助する働きがあります。

■消化
 消化器は、胃液や膵液などの消化液を出し、その中に含まれる消化酵素によって食べ物の成分を分解して吸収しやすくします。例えば、唾液に含まれるアミラーゼはデンプンを分解してブドウ糖にし、胃液はタンパク質を分解してアミノ酸をつくります。肝臓でつくられ胆嚢から出る胆汁は脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解し、膵臓から出る膵液はデンプン・タンパク質・脂肪を分解します。また、肝臓には、有害なものを無害なものに変える働きもあります。

■吸収
 分解されたブドウ糖・アミノ酸・脂肪酸・グリセリンは、小腸の壁にある柔毛から吸収されます。ブドウ糖とアミノ酸は、肝臓に運ばれて別の物質に形を変え、血管へと運ばれます。脂肪酸とグリセリンは、再び脂肪となってリンパ管から血管へと運ばれます。水分は主に小腸で吸収され、残りは大腸で吸収されます。消化されない食物繊維などは、便として肛門から排出されます。

 胃の中の物が食道に逆流し、食道の粘膜に炎症を起こす病気で、胸焼けや酸っぱさがこみ上げます。食道裂孔ヘルニア・食べ過ぎ・脂肪食・加齢による食道括約筋圧の低下・食道のぜん動運動の低下・胃酸の分泌過多が主な原因です。胃がんの手術後にも起きることがあります。
 肝硬変などによって肝臓に血液が流れにくくなり、あふれた血液が胃や食道の静脈に流れ込むことによって、瘤(こぶ)のようにふくれる病気です。この瘤(静脈瘤)が小さなうちは特に心配ありませんが、大きくなって破裂すると吐血し、場合によってはショックを起こすこともあります。


 食道に発生する悪性腫瘍です。進行すると、食べ物が飲み込みにくくなります(嚥下障害)。がんが転移すると、声がれ・咳・胸の痛みなどの症状が出ることがあります。最も多く発生する部位は、胸部中部食道です。中高年の男性に多く、飲酒や喫煙などが、主な原因です。
 胃に発生する悪性腫瘍です。早期には粘膜下層までに留まっていますが、進行すると固有筋層以下にまで広がります。最初は自覚症状がありませんが、進行するにつれて、腹痛・体重減少・食欲低下などがみられます。ピロリ菌感染・喫煙・塩分の取り過ぎなどが主な原因です。


 胃・十二指腸の粘膜が胃酸によって消化され、ただれを起こし傷ついた状態です。みぞおちの痛み・吐き気・腹部のはり・胸やけなどの症状が起こり、食欲が低下することもあります。潰瘍が出血すると、吐血や下血、貧血やショックを起こします。ストレス・喫煙・ステロイド服薬の他、ピロリ菌感染などが主な原因です。
 大腸に発生する悪性腫瘍です。早期には粘膜下層までに留まっていますが、進行すると固有筋層以下にまで広がります。最初は自覚症状がありませんが、進行すると固有筋層以下にまで広がり、便秘・下痢・血便・腹痛などがみられます。腸閉塞をきたすこともあります。食生活の欧米化によって、発症率が増加しています。


 痔瘻は、肛門の周囲に膿がたまって皮膚から外へ出てきた状態です。膿が排出されると炎症は治まり、一旦は症状が軽くなりますが、そのままで放置するとがんになる可能性もあります。また、痔核は直腸の静脈の流れが悪くなってできた静脈瘤です。便秘・下痢・長時間の座り作業などが主な原因です。
 肝硬変とは、肝炎が進行して繊維化を起こし、全体が硬くなって元に戻らなくなった状態です。B型およびC型のウイルス性肝炎、習慣性の大量飲酒などが主な原因です。黄疸・腹水・むくみ・精神神経症状などの肝不全症状を引き起こす可能性もあります。肝がんの主な原因となります。


 肝細胞から発生する悪性腫瘍を原発性肝細胞がんといいます。B型およびC型の肝炎ウイルスが主な原因で、慢性肝炎から肝硬変を経てがんが発生します。また、他の臓器からの転移性肝がんも多く、胃がん・大腸がん・膵がんなどからの転移が多くみられます。
 胆石症は、胆道(胆嚢および胆管)に石ができた状態です。結石によって胆道がふさがれて細菌感染を起こすと、胆嚢炎や胆管炎となって高熱や腹痛を起こすことがあります。炎症になると、敗血症やショックなどを引き起こすことがあります。