手と足の症状に関する医学知識

図
■骨
 手:上腕骨・橈骨・尺骨・手骨
 足:大腿骨・膝蓋骨・頸骨・腓骨・足骨

■よくある症状
 むくみ・運動まひ・筋力低下・関節痛・はれ

■よくある病気
 心臓の病気・運動器(筋骨格)の病気・感染症等

 体内の水分が皮下組織にたまる症状です。なかなか改善しない場合には、心臓・腎臓・妊娠時の異常・感染症などの可能性もあります。足のむくみは、足の静脈瘤や血栓症などの可能性もあります。
 運動の中枢神経や筋線維の異常が考えられます。中枢神経の障害としては、脳梗塞の可能性もあります。筋線維の障害には、線維の数や直径の減少、収縮力の低下、断裂などがあります。


 関節を構成する骨・軟骨、皮膚、その他の部位の炎症による症状です。炎症は、細菌やウイルスの感染の他、アレルギー反応・外傷・有害物質などが原因の可能性もあります。