感染症に関する基礎知識

 インフルエンザウイルスによる感染症で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛、全身倦怠感などが現れ、鼻水、咽頭痛などもみられます。感染者のくしゃみや咳などによる飛沫で感染し、毎年晩秋から冬にかけて流行します。インフルエンザウイルスは種類が多く、流行を予測できません。


外傷に関する基礎知識

 気温・湿度が高い環境で過ごしたり、環境条件は悪くなくても過酷な運動によって、体温調節がうまくいかず体内に熱がこもる症状をいいます。症状は、めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、異常な発汗(または汗が出なくなる)、頭痛、吐き気、気分が悪くなる、意識障害、けいれん、高体温などです。