出題範囲

 出題範囲は、血液・造血器・リンパ、脳・神経、皮膚、運動器、心臓・血管、呼吸器、消化器、腎・泌尿器・生殖器、内分泌・代謝系、目・耳鼻咽喉・歯、精神、感染症など、病気の症状、対処法、薬、予防法などについて幅広く出題します。


検定レベル

 医学知識検定は、一般の方々を対象に、病気の予防・診断・対処法・薬に関して大切と思われる医学知識をテーマに出題します。しかし、対象となる医学知識は量が多く、対象となる方々の知識レベルにも大きな差があると推測されます。そこで、難易度別にレベルを分けて検定を実施します。


5級

 年齢を問わず、誰もが知っておきたい初歩的な医学知識について出題します。主に、よくある病気についての予防や応急処置、体のしくみなどが対象です。知識レベルについては、中学校の教科書(保健体育・理科)に準拠しています。出題数は50問の○×形式で、試験時間は45分間。正解率90%で合格です(web検定は100%で合格)。


4級

 日常生活で必要となる基礎的な医学知識について出題します。よくある症状やよくある病気についての基本的な知識が対象です。内容については、当ホームページの「医学知識の基礎」を参考にしてください。知識レベルについては、高校の教科書(保健体育・理科)程度です。出題数は100問の○×形式で、試験時間は45分間。正解率80%以上で合格です。


3級

 症状や病気についての基礎的な知識について出題します。4級の出題範囲を拡大し、発生頻度や重大性にかかわらず、知っておくと、いざという時に役立つ知識が対象です。出題領域は、医師国家試験の出題基準のうち、病気そのものの理解に関する部分(病態生理および人体のしくみ)です。知識レベルについては、看護師国家試験の簡単な問題程度です。出題数は100問の三択形式で、試験時間は45分間。正解率80%以上で合格です。


2級

 少し高度な医学知識を出題する予定です。3級からのレベルアップや本格的な医学知識に挑戦したい方に向けた内容です。専門的な知識や用語も必要となります。


1級

 高度な医学知識を出題する予定です。2級からのレベルアップや本格的な医学知識に挑戦したい方に向けた専門家レベルの内容です。