皮膚の症状に関する医学知識

図 ■よくある症状
 発疹

■よくある病気
 アレルギー・感染症・呼吸器の病気・心臓の病気等

 じんましん・水疱(すいほう)・膿疱(のうほう)・湿疹・皮下出血などがあります。発疹の原因の多くはアレルギーですが、膠原病や肝硬変などの病気や、細菌やウイルスなどの感染症による可能性もあります。
 皮膚や粘膜が青紫色になる状態をいい、血液中の酸素が不足している症状です。肺や心臓の病気が原因で起こる場合が多く、チアノーゼが全身に見られる場合には、重大な病気の可能性もあります。